生えて♪

20年以上薄毛に悩んでいる40代女性の薄毛治療を記録します。当記事はあくまでも個人的見解ですので、行動する前によく調べてから判断して下さい。

薄毛治療5回目の様子。(なんとなく分け目が・・・)

ブログ更新30回目です。

私の職場の事ですが、無事決算も終わり、

4月、新年度に突入。

元号が【令和】に決まって

桜もそろそろ散りかけて。。。

今年の桜は長く楽しめましたね。

春、真っ只中!と思いきや

明日は東京奥多摩方面で平成最後の雪が降るとか?

温かくなったり寒くなったり

季節の変わり目にしては

今年はとても目まぐるしい春ですね。

もうダウンしまっちゃったよ;;

明日はまたダウンを引っ張り出して着ないといけないですね。

 

 

ちょっと時間が空いてしまいましたが、

4/5(金)に薄毛治療5回目を受けたので

今回はその時の様子を記事にします。

どうぞお付合い下さい。

 

 

 

朝・昼・晩、毎食後飲み続けているパントガール。

↑パントガール インターナショナル版↑

 

先日購入した2箱のうち、1箱目を使い始めました。

パントガールだけで薄毛改善をしているわけではないので

いまいちパントガールに効果があるのかどうか

わからず続けているのですが

薄毛治療を開始してからずっと飲み続けているので

もういまさら止められない感じです。

 

 

「3回目以降から効果を感じられると思います」

 

 

と、医師に言われてから、早4か月とちょっと。

4回目の治療を受けた3月中は実感ゼロでしたが、

4月に入ってから突然、

「もしかして…分け目、目立たなくなってきてる??」

と、鏡を見てなんとな~く、そんな気がしています。

でも、人の目線がすぐ行く正面からの見た目は相変わらずスカスカで

多少分け目が目立たなくなってきたかな?と思いはしても

まだまだ納得いける程の効果が出ていると思えず過ごしています。

 

 

4/5(金)、薄毛治療5回目を受ける日。

今回も仕事の休みを取り、11時半から予約を入れていたので

念入りに朝シャンして出かける準備をしました。

 

当日、お風呂上りの頭皮が↓こちらです。

f:id:haete:20190409202344j:plain

正面からのHAETE.

 

 

 

f:id:haete:20190409202800j:plain

右から見たHAETE. 

 

 

 

f:id:haete:20190409203028j:plain

左から見たHAETE. 

 

 

 

f:id:haete:20190409203408j:plain

真上から見たHAETE.

 

 

 

真上、ヤバイっすね;;

他人と対面した時、一番目線が行くのが正面なので

正面からの見た目を一番気にしがちですが

真上からの見た目も気を付けなくちゃ…と思い知ったところで

いざクリニックへ。

 

 

 

11時25分、予約時間5分前にクリニック到着。 

待ち合い席に案内されて1分もしないうちにナース登場。

 

「こんにちは~

お部屋にご案内します、こちらへどうぞ~」

 

案内された部屋は前回と同じ部屋でした。

薄毛治療の時は着の身着のままベッドで横になります。

荷物を置き、即ベッドへ。

いつものようにU字型のクッションに頭を置きました。

ベッドで横になるとすぐに男性医師が入室。

今回も前回と同じ男性医師のようです。

これまたいつものごとく

私の頭頂部方向から顔を見せずに話かけてくるので

顔はわかりませんが、

「前回の治療後、痛みは出ましたか?」とか

「お痛みは1回目の治療後だけという事ですね~」など

ここ数回の施術内容をよくわかっている感じの会話でした。 

 

 

 

「今日で5回目ですね。どうですか?変化感じますか?」

 

 

「なんとなーくですが、

分け目が少し目立たなくなったかな?

という感じがあるんですけど

正面からの印象と真上から見た感じ、

まだまだ薄いなぁという感じなので

効果出てるー!と飛び上がる程の嬉しさは

正直まだ感じないですねぇ…」

 

 

「そうですかぁ・・・

でも細い毛も増えてきてますし、

順調に生えてきてるようですよ。

今回は生え際をメインに

正面の方中心に打っていきますね。

では先に写真撮らせて頂きますね。」

 

 

 

そう言って、頭皮状態を写真撮影し始めました。

2~3回シャッター音が聞こえた後、

 

 

 

「じゃ、マーキングしていきますね。

ペンでしるしを付けていきまーす。」

 

 

 

頭皮にペンでマーキング。

しるしを付け、この範囲に打ち込むという下準備です。

 

 

 

「それでは、麻酔打っていきますね。

生え際は少し痛いかもしれません、頑張って下さいね。」

 

 

 

麻酔注射が始まりました。

額と髪の毛が生える境界線【生え際】の右側から、1発目がチクリ。

徐々に左方向にチクリ、チクリと針が刺さります。

生え際は針が刺さるたびチクチクと痛みがありましたが、

徐々に麻酔が効いてきて、髪の毛の中、前髪エリアの麻酔打ち込みは

針が刺さる感覚はありましたが、辛い痛みではありませんでした。

 

 

 

「では、臍帯血打っていきますね。」

 

 

 

サクッ、、サクッ、、サクッ、、サクッ、、、

オスモインジェクターが刺さる感覚はありましたが

麻酔がよく効いていたようで痛みは感じません。

 

おや?

今回のサイタイケツ、前回より少しテンポ遅め?

テンポ悪いわ!遅いわ!と気になる程ではないのですが

前回より丁寧にサイタイケツを打ちこんでいるような感じがしました。

もしかして、

私が「正面からの見た目に変化を感じない」と言ったので

生え際、かなり丁寧に打ってくれているのかな?

なんとなく、そんな気がしました。

 

 

 

「もうすぐ終わります

最後に生え際の方をもう少し打っておきますね。」

 

 

 

今日はテンポ遅め?と思いましたが

もう終わりか…という感じだったので

全体的な治療時間は前回とあまり変わらないようでした。

 

 

 

「お疲れ様でした、今日はこれで終了です。

また来月ですね、変化あるといいですね。」

 

 

「そうですね、ありがとうございました。」

 

 

 「これからナースがマーキングをキレイに拭きますので

もうしばらくお待ちくださいね。

では、失礼しま~す。」

 

 

 

と言って、男性医師退室。

続けて、ナースが頭皮に付いたペンのしるしを拭いてくれました。

 

 

 

「お痛みとか大丈夫ですか?」

 

 

「大丈夫、痛くないですよ。」

 

 

「拭き終わったらパウダールームにご案内しますね~」

 

 

「あの、マーキングってペンでしるし付けてるんですか?」

 

 

「そうです、皮膚ペンっていうのでしるし付けてますよ。」

 

「しるし付けてる時、鋭い感じがしたので

とがった鉛筆でしるし付けてるのかと思ってました。」

 

 

「そんな鋭いものじゃないですよ(笑)

先の丸いペンですよ、マジックペンって言えばいいですかね~

スキンペンとかスキンマーカーとか言い方はいろいろですね。

通常は皮膚ペンを使用しますが、

マジックペンでしるし付ける時もありますよ。」

 

 

 「へぇ~、皮膚ペンっていうのがあるんですね~

勉強になりました。」

 

 

 

皮膚ペンという新しい単語を知ったところで 

薄毛治療5回目は無事終了。

治療時間は約20分でした。

 

 

施術室をあとにしてナースの案内でパウダールームへ。

いつものように手ぐしで髪型を整えて写真を撮りました。

 

治療直後は頭皮に何度も針が刺さったあとなので赤みがあります。

治療後の頭部は↓このような状態です。

 

 

 

f:id:haete:20190409231314j:plain

正面からのHAETE.

 

 

f:id:haete:20190409231526j:plain 

右から見たHAETE.

 

 

 

f:id:haete:20190409231817j:plain

左から見たHAETE.

 

 

 

f:id:haete:20190409231945j:plain

真上から見たHAETE.

 

 

 

では、薄毛治療1回目と、今回の薄毛治療5回目を比較してみます。

f:id:haete:20190409233337j:plain

比較写真なのに、画素数とかアングルなど多々問題はあります;;

ちゃんとした比較になってないじゃないか!という問題はさておき、

まだまだスカスカ頭皮だという事は一目瞭然です。

でも、何となく分け目が黒く、濃くなったように見える気がします。

しかし「気がします」じゃダメなんです!

なんせ高額な費用をかけてますから!!

まだまだ「治療して良かった♪」の領域に達していません。

残すところあと5回の薄毛治療。

本当に効果を実感できるのか・・・

 

 

 

----- つづく -----

 

 

次回、薄毛治療6回目は、5/10(金)です。

また何か変わった事があれば記事にしたいと思います。

今回も長い文章になってしまいました。

ここまでの長文を読んで下さって本当にありがとうございました。