生えて♪

20年以上薄毛に悩んでいる40代女性の薄毛治療を記録します。当記事はあくまでも個人的見解ですので、行動する前によく調べてから判断して下さい。

高すぎる(治療費の)壁。

ブログ更新3回目です。

今夜は鍋を食べました。

週の真ん中水曜日。

日中は働きに出ているので、帰宅してから晩御飯の支度をするのはホント面倒。

この時期、冷蔵庫には白菜、長ネギ、きのこ類が買い置かれている事が多く、

もう鍋でいいっしょ、って結構な確率で鍋になります。

 

★具材★

白菜、長ネギ、しいたけ、エノキ、豆腐、しゃぶしゃぶ用の豚バラ。

 

★味付け★

業務スーパーで売ってる塩鍋の素。

 

★〆★

ラーメン。

 

手軽で腹いっぱいになるし温まるし。

冷蔵庫のあまりものだいたい処分できるし。

肉や魚介類にこだわらなければ家計にも優しい。

お鍋、ありがたや。

 

さて、前回記事の続きを書きたいと思います。

前回記事は↓こちら↓です。

 

 

やっぱ長々と説明を聞くより、

視覚に訴える1枚の写真、って感じでした。

地肌丸見えな感じの残念な頭皮が

1年後に地肌が見えなくなってる症例写真を見せられたら

これはやるしかない!ってスイッチ入っちゃいました。

 

でもまだ焦ってはいかん、落ち着け落ち着け…

気になるのはやはり、おいくら万円なの?って事。

治療費、いくらなんだよ???

お高いんでしょー?

 

「すごいですね…私もここまで生えますかねぇ?」

 

カウンセラーさん、一瞬動きが止まりました。

そして、私の頭部に目線が…

 

「そうですねぇ……

申し訳ないですが、こればかりは実際にやってみないと^^;」

 

ですよねぇ、そうですよねぇ。

 

「あの…この写真の例だと

ハーグとサイタイケツの2種類を施術したって事なんですけど

もしも、(if...)

私がやるとしたら、どういう施術内容になるんですか?」

 

「臍帯血療法をお勧めしますね。

ヒト由来の細胞を培養したものですし、安全性も高いですよ~」

 

ほほう。HARG療法ではなく、サイタイケツの方だけでいいのか。

 

「HAETE.様の場合ですと、臍帯血のみで大丈夫だと思うんですけどね~

まぁ、詳しくはのちほど先生が診断して下さいますので、

診察後にまたお話していきましょう」

 

そう言ってカウンセラーさん一旦退室。

 

 

入れ替わりに男性医師が登場。

長身、細身、白髪交じり短髪メガネ男子、30代後半くらいかなぁ。

 

「はじめまして○○です。

今日は薄毛のご相談という事で、臍帯血治療をご検討中ですね…

早速診せて頂いてもいいですか?」

 

と、物腰柔らかな落ち着いたトーンで頭皮チェック開始。

物々しい器具とかカメラとか使って確認するのかと思っていたら

普通に手で私の頭部を触り、髪の毛をかきわけ目視でチェックし始めました。

 

「前髪の生え際は毛根もしっかりしているようなので大丈夫そうですね…

あ、でもこの辺りかぁ…

前方から頭頂部にかけてですね…

毛は生えてるんですけど毛根1つに対して1本しか生えてない感じですねぇ…」

 

はぁ…スッカスカって事ですよね…お恥ずかしい。

 

「人の目線がいきがちなとこですねぇ…」

 

「それーーーーーーー!!!!!!!!!!!

そう!そうなんです先生!!!!!!!!!!!

人の目線がハゲんとこ見てるのわかっちゃうから

もうどうしたらいいの??って悩んでたんですよ。

そしたらここで薄毛治療やってるって知って今日は相談に来たんです。

もう20代からずっと薄くてショートカットにしたり分け目変えたり

自分なりに工夫してきたんですけどもう限界って感じで…」

 

「そうでしたか…長年お悩みだったんですね。

毛根もありますし、HAETE.さんの場合まったく毛がないわけではないので

今のタイミングで治療を開始すれば、、、10年前くらいには戻れると思います」

 

10年前…

 

もうすでに薄毛に気付いていろいろ工夫してたぞ;;;;

でも待て。

10年前は今の状態よりマシだったぞ。

黒いお粉とかふりかけてまで薄毛を隠そうとはしてなかったぞ。

10年前に戻れるのか……………

悪くない。

 

「あの…治療してから効果が出始めるのってどのくらい期間かかりますか?」

 

「やはり個人差ありますが、臍帯血の場合だと

月に1回の施術で、最低でも3回目以降からですかね。

施術10回が一つの目安というか、続けて頂きたい回数にはなりますね。

10回で成果を実感して頂ける状態になればいいなと思います。

年齢的な事も考慮すると、今の内に治療を開始した方がいいですよ。

加齢で薄毛になりやすい年齢に入っていくわけですし、

タイミングとしては今が良い時だと思いますよ。

HAETE.さんの状態なら、臍帯血療法で効果が得られると思います。」

 

先生…そうですか…よくわかりました。

やります!私、治療します!施術、やっちゃってください!

でも、気になるのはお値段¥¥¥¥¥

 

「そうですか…もう今のタイミングでやるべきって事ですねぇ…

ぜひチャレンジしたいと思います、よろしくお願いします!」

 

「わかりました。一緒に頑張って10年前の状態に戻しましょう。

今治療しておけば20年くらいは効果持続も可能だと思います。

現段階で10年前くらいの状態に戻して、60歳くらいまで持続させて…

また薄毛の悩みが出た時は、今より良い薄毛治療が出てるかもしれないし。

きっと改善しますよ、頑張りましょう!」

 

個人差がある事はもちろん承知してます。

「きっと改善しますよ」はポジティブな呼びかけで、

保証します!という意味じゃないって事もわかってます。

でも、先生の言葉で気が楽になったというか、ほっとしたというか。

毛、生えちゃうかも!という希望が持てた瞬間でした。

 

「ちなみに、治療費なんですけど…いくらくらいかかるんでしょうか?」

 

「金額については、施術内容も含めて

カウンセラーからご説明させてもらいますので、このままお待ち下さい。

早速今日から治療開始しますか?」

 

え?え????

金額まだ聞いてないっす;;;;

 

「いや、今日はこのあと予定があるのでちょっと…

ちなみに、時間ってどのくらいかかります?」

 

おい!いくらかまだ聞いてないのに時間聞いてどーすんだよ!

 

「麻酔して施術ですから、10分か20分くらいですかねぇ」

 

この日、夫に黙ってクリニックに来た私。

晩ご飯の準備もしてないし、出掛けるとも伝えてないし、

無料カウンセリングだけやってさっさと帰宅する予定でした。

 

「とりあえず金額とか支払い方法とか気になるので

もう少しお話聞いてからにします。」

 

「わかりました。ではカウンセラーから説明お聞きになって下さい。」

 

と言って、先生退室。

 

 

1~2分経った頃、先程の女性カウンセラー登場。

 

「お疲れさまでした~

治療する方向で先生とご相談されたそうですね~

早い方がいいですよ~

私もたまに先生に臍帯血お願いしてるんです~

私は頭皮と顔なんですけどね~

肌は一枚皮ですから、頭皮に臍帯血打つと

顔にも良い効果有ったりするんですよ~」

 

 

ホントかよ!?

顔のお肌のコンディションより、私は今、髪が生えて欲しいのだ。

 

「へーそうなんだー、お得ですねー。

あのぉ、、、治療費の事なんですけど、いくらくらいかかりますか?」

 

「臍帯血幹細胞培養上清液療法、

当院では【HS-CM100 SF】を使用するんですけど

1回12万円かかるんですね~」

 

 

1回、12万円!?

 

さらっと金額言われちゃったよ;;;;

えっと;;えーっと;;;10回が目安って言ってたなぁ;;;;

 

10回、120万円!?!?!?!?!?

 

 

治療費はきっと高額だろうと覚悟はしていました。

結婚してから家計をやりくりしてコツコツ貯めた

私が自由に出来るヘソクリ100万円。

夫婦共働き、安月給なりにコツコツへそくった貴重なお金。

自分のために、しかも長年悩み続けた薄毛改善のために使えるなら本望。

100万円までで治療出来たらいいな、と思っていました。

そして「ローンを組んでまで治療はしない」と決めていました。

予算オーバー。GAME OVER...

治療、無理。今は無理。

もうちょい貯金して出直すか。。。

とりあえず、さっさと帰宅しよっと。

 

「先生が10回は施術した方がいいって言ってたし……

ちょっと治療お願いするのは無理かなぁ^^;;;;」

 

と、治療断念をやんわり伝えると、

 

「先程、先生と少しお話したんですけど、

HAETE.様の頭皮の状態は・・・ハッキリ申し上げると

今がギリギリの状態、なんだそうです…

先生は長年悩んでらしたようなのでぜひ治療してもらいたいと言ってまして、、、

あと、金額について気になさっておられるとも先生から伺ったんですけど…」

 

「はい………思っていた以上に費用かかるみたいで…………

薄毛治療、ハードル高いっすねー、アハハ……」

 

----- つづく -----

 

11/22の出来事を連日書いてるわけなんですけど、

書いてると、あの時こんな感情だったなと振り返る事が出来て面白いですね。

しかし、文章まとめるのって難しいなぁ。

この記事UPまで3時間ちょいかかりました。

他のブロガーの方々も、時間かけて書いてるのかな?

ブロガーの皆様、お疲れ様です。

 

続きはまた明日くらいに書きたいと思います。

読んで下さった方がもし居られましたら、

ここまでの長文を読んで下さって本当にありがとうございました。