生えて♪

20年以上薄毛に悩んでいる40代女性の薄毛治療を記録します。当記事はあくまでも個人的見解ですので、行動する前によく調べてから判断して下さい。

同意書。

ブログ更新7回目です。

ブログ記事を書き始めて1週間が経過。

昨日、初めて記事にコメントを頂きました!

アクセスもずっとゼロが続き、寂しく思っていましたが、    

どこかで誰かが読んで下さってると実感できると励みになります。

ダラダラと読みづらい文面で申し訳ございません。

今後も機会がございましたら、お読み頂ければ幸いです。

本当に嬉しかった、ありがとう!

 

さて、前回記事の続きを書きたいと思います。

前回記事は↓こちら↓です。 

 

 

ようやく治療費がはっきりしたので

私は、帰宅時間を気にしながらも、

もうやってしまえ!

今日、1回目の治療を受けちゃえ!と決心。

 

「では、今日1回分をお支払しますので・・・

施術10回って事で、治療お願いできますか?」

 

「かしこまりました。

それでは、先生に施術準備をしてもらいますね~。

 

その間に、

こちらの治療同意書と、学術モニター同意書をお読みになって

最後にサインをお願いします。

 

今日から治療開始、頑張りましょうね~

薄毛は進行性のものですから、

早目に始めるに越したことはありませんよ~

頑張りましょ~!それではのちほど~!」

 

と言って、治療同意書学術モニター同意書を私に手渡し、

女性カウンセラーは退室。

 

 

治療同意書

治療に関する注意事項を読み、同意できたら署名せよ、というものでした。

 

学術モニター同意書

学術発表、院内説明、メディアやウェブへの広告掲載を目的とした

症例写真を使用する事に同意できたら署名せよ、というものでした。

 

 

同意書2枚に目を通し、内容に納得し、サインしました。

 

時間は、18時10分くらいになっていたでしょうか…

同意書にサインしたあと、LINEで夫に連絡を入れました。

「今〇〇駅に居る。帰りちょっと遅くなる。」

と伝え、了承を得ました。

クリニックに薄毛の相談に来てて…とは伝えられませんでした。

しかも、今から治療開始するなんて事も言えず…

でもやると決心したら、何が何でもやってやる!という心境です。

帰宅したら夫に事情説明と治療開始について告白しようと思いました。 

 

 

カウンセラーが退出してから5分くらい経った頃、

カウンセリングルームにナース登場。

 

「お待たせしました、ではお部屋にご案内しますのでどうぞ~」

 

私は荷物を持ち、ナースの案内で施術室へ通されました。

小さな狭いオペ室って感じの空間には、

手術室にありそうな大きめの照明器具と、

エステとかにありそうな細長い小さなベッドが置いてありました。

手術服とかに着替えるのか?と思っていたら

着の身着のままでよいとの事でした。

 

「写真を撮りますので、こちらのイスにお座りになってお待ちください」

 

施術前、私の薄々の頭皮を撮影するのだそうです。

そうでした・・・私、学術モニターでしたわ・・・

写真、バンバン撮られて記録として残されるのね…恥ずかしい。

でも、その代わりにお代を割り引いてもらえたのだ。

有難いと思わなくては。

 

先程診察してくれた男性医師が登場。

 

「お待たせしました。これから一緒に頑張りましょうね。

ではまず、お写真撮らせて頂きます。少し顔を下向きにお願いします。」

 

そう言って、私の髪の毛スカスカ頭皮を何枚も撮影していました。

1分間くらいパシャパシャとデジカメで撮影されたかな。

施術前の状態を記録する目的とはいえ、

やはり私の気にしている恥ずかしい部分ですから、

はよ撮影終わらんかなと撮影時間が長く感じました。

 

「お疲れ様でした。

では、臍帯血の施術を行ないますのでベッドで仰向けになって下さい。」

 

 

私の薄毛治療、いよいよスタート!

 

----- つづく -----

 

今夜は、友達と軽く飲んできました。

私の誕生日を覚えてくれていて飲みに誘ってくれました。

「発芽米もち」をプレゼントされました。

誕生日プレゼントにお餅って奇想天外!

この嬉しい気持ちを糧に、明日の仕事も頑張るぞ!

  

続きはまた明日くらいに書きたいと思います。

読んで下さった方がもし居られましたら、

ここまでの長文を読んで下さって本当にありがとうございました。